ブログ記事の書き方、知りません。(ハウツー本編)

「それ、文章のことですか、コピーのことですか」

「webライターをしたいのならブログ記事を書きましょう」とは、言葉足らずでは。
ブログ記事はライター目線で書かれたものが主です。ブログ記事ライターのポジションです。

2021年8月13日

コピーライターはクライアントの『代理代行』です。

『代理代行』だから方法論があり制約が生まれるのです。

「コピーライティングは○○です」という定義づけ。
「コピーライティングを知らない人が想像で伝播する」というのは厳に慎むべきです。

コピーライティングのハウツー本

ハウツー本を最低3冊よむことは必須です。

理論をストレートに書いた本はよいが、感覚で得た違和感に理論が導かれた本もあります。
私も久しぶりに読みます。さて、どれにしますか。

宣伝会議onlineより抜粋

目次

序章 はじめに「発想法ではなく、発想体質を」。

・「なんかいいよね」禁止。

第1章 生きたコピーの書き方。

・なぜ「たくさん」書かなければいけないか。
・一晩で100本コピーを書く方法。
・ボディコピーの書き方(超カンタン版)。
・なぜ「短く」書かなければいけないか。
・「描写」じゃない。「解決」なんだ。
・人はコピーでウソをつく。
・「アイラブ東日本」のウソ。
・書き手のヨロコビ、受け手のヨロコビ(二毛作ジェルのワナ)。
・葉っぱから森をつくろう。
・おじいちゃんにプレゼントを選ぼう。

今はこれしかないようです。

まとめ

まとめるほど書いてません。あしからず。

タイトルとURLをコピーしました